インドネシアの旅メモ。面白いことから文化の違いまで

インドネシア

インドネシアの面白いところや文化、お土産などを知りたいと思っていませんでしょうか。

今回の記事では、インドネシア旅行経験者の方におすすめポイントをお聞きしました。

旅行経験者に聞いた!インドネシアの旅メモ

インドネシアの面白いところ

日本と働き方の違って面白いです。

海外に行っていつも思うのは、ストレスフリーな働き方をしている点。例えばスーパーに買い物に行って目にする光景は商品陳列棚に座りながら商品の在庫管理をする現地の方。

愛想を振りまくわけでもなく、のんびり仕事をする姿は日本ではあまり見られない光景です。

街にはリードなしで歩いている野良犬はたくさんいたり、小学生くらいの子たちがヘルメットなしでバイクを三人で乗っていたりします。

塗装された道路はめったにありませんし、信号もあまり見かけませんでした。

こう聞くと、少し行くことをためらってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、やはり普段見かけることのない日常を見るということが旅行の醍醐味で面白いと思います。

また、観光名所自体はあまり有名なところはないが、屋台料理の豊富さは非常に面白いと思いました。特に、チキン料理の種類はものすごくたくさんあります。

インドネシアで驚いたこと

インドネシアはイスラム教の国というイメージだったが、ジャカルタはイスラム教の方が多いがバリはヒンドゥー教が多いことは驚きました。

人々の特徴としては、とても穏やかで優しいです。みなさんニコニコされています。先程も申し上げましたが、野良犬や猿なんかも街を普通に歩いています。

どのお店に入っても、雨漏りしてあるので、水受けのバケツがおいてあります。マッサージ大国なので、すごく安い値段で気持ちの良いマッサージを受けることができます。

インドネシアで思い出に残ってる食べ物

インドネシアで思い出に残っているのは、やはりナシゴレンとミーゴレンがおいしかったです。チャーハンとやきそばみたいなもので非常に日本人の口にあうと思います。

お店によって味が違うので、色々なナシゴレンを楽しむことができました。また、ナシゴレンだけでなく現地のミーゴレンというのも、食べやすい味付けで個人的には美味しかったです。

インドネシアと日本の文化の違い

やはりおおらかな方の多い国なので、みなさんミスをしてもあまり悪びれることもなく、ヘラヘラしています。

バリ島に到着後、空港で荷物が出てくるのを待っていたのですが、どれだけ待ってもでてこず、結局最後まで出てきませんでした。

グランドスタッフの方にどうなっているのかと聞いたところ、悪びれた様子もなく、違う国に行ってしまってると言われました。

結局、ちゃんとバリ島にスーツケースも届いていて、一件落着したのですが、やはりお客様が神様という文化が残る日本とは違うなと思いました。

また、観光地として有名なバリ島は約8割、9割の人がヒンドゥー教であり日本人には、あまり馴染みのない宗教です。

寺院などの造りは勿論、女性は特に肌をあまり出さないようにして生活している人も多くいます。

インドネシアのおすすめお土産

物価が安く、たくさんの観光客が来るので、お土産やさんがあっちこっちにあります。

石鹸とお香、ピアスとドリームキャッチャーです。カラフルなものが多く、物価も安いのでたくさん買ってしまいました。

また、バリ島はジャコウネコが集めたコーヒー豆を挽いたコーヒーも有名なのでお値段は少し高めだがおすすめです。

いかがでしたでしょうか。

インドネシアで感じたことを簡単にまとめました。

ぜひ旅行前の参考にしてください。